横浜のリサイクルショップブログ | 買取貴族は、横浜の家電買取に強いリサイクルショップです。

買取貴族
  • メール査定
  • ライン査定
ブログ
本日は洗濯機についてお話させていただきます。
洗濯の歴史は古いです。皆様ご存知日本昔話『桃太郎』でもおばあさんは川へ洗濯に行きました。
そうです。洗濯板から始まります。足踏みでの洗濯や手回し式洗濯。
発明家や偉人たちによって開発が繰り返され電気式が誕生いたしました。

現在では大きく分けると【二槽式】【縦型】【ドラム式】の種類があります。
冷蔵庫同様に白物家電の代表格です。頻繁に買い換えをする商品でもありません。
いざ不要となったらご連絡下さい。

以下、洗濯機の買取基準やポイントについて記載致します。是非参考にしてください。
まずは洗濯機に限らず【商品】を特定させるために必要な【メーカー】【型式】【製造年】をお伝えください。
洗濯機型式
洗濯機型式1
赤線が【型式】青線が【製造年】です。
パナソニック【NA-○○】 シャープ【ES-○○】 Haier(ハイアールと読みます)【JW-○○】
東芝【AW-○○ ドラム式はTW-○○】 日立【NW-○○、BW-○○ ドラム式はBD-○○】
SANYO、無印、アクア AQW-○○、ASW-○○など
が型式です。

洗濯機の蓋の裏・両側面・背面などにラベルがあります。ここにありますってお伝えするのが難しいです(--;)
上記参考に探してくださいm(_ _)m ボタンのあるパネルや蓋にも記載あります。
製造年は前面や上面奥にラベルがあるものもあります。
二槽式は蓋の裏がほとんどです。
上記3点【メーカー】【型式】【製造年】のご確認をお願いいたします。
おおよそ査定額がでます。

買取の目安となる年数は5年以内ではありますが、あくまでも目安です。
【ドラム式洗濯機】【6kg以上の容量】【高性能品】は7〜8年くらいでも対象となります。
それ以上の経年でも中古市場において需要のある【商品】かどうかを型式で確認できます。
二槽式洗濯機も製造メーカーが少ないので人気です。

その他ポイントとなるのが付属品や【商品現物】の状態などです。
洗濯機状態
外装のキズや汚れ、洗濯槽の汚れやニオイ、ゴミ取りネットの有無や汚れ、排水ホースの汚れや詰まり。吸水ホースや風呂水ホース(無い物もあります)の有無。
洗濯機は『白い』ものが大半なので、屋外使用などによる日焼け(画像わかりますか?色が違うの)

ドラム式など乾燥機能付きの洗濯機については洗濯機状態
吸気フィルターの汚れや詰まり、排水フィルターの汚れや詰まりなどもポイントとなります。
あとドラム式で大事なものが【輸送用の金具】です。
これが無いと配送業者さんに運んでもらえなかったり、輸送中の故障にもつながります。大事です。

冷蔵庫同様、大型の重量物となりますので出張買取ご希望の際は
エレベーターの有無・トラックの停車スペースの有無など作業状況も予めお伝え頂けると幸いです。

買取実績も是非ご覧ください。
もしご用命の場合は買取貴族0120-905-729までお電話下さい。相談だけでも結構です。


どうも、こんにちは(^O^)
本日は冷蔵庫についてお話させて頂きたいと思います。
日常生活において必需品となる【冷蔵庫】頻繁に買い替えされる御品物ではないので、いざ不要となったときどうしていいか悩みますよね?
故障した為、買い替える。引っ越しするのでいらなくなる。ご結婚を機に容量を大きいものへ。新製品に一目惚れ。など理由もさまざまかと思います。処分するにしても【家電リサイクル法対象商品】となりますので、粗大ゴミでは処分できません。

そこで冷蔵庫の買取をご検討中の皆様に、ご確認して頂きたいポイントをお伝えいたします。
商品を特定させるために必要な【メーカー】と【型式】です。【形名】【形】【品番】など表記は異なりますが、こちら
冷蔵庫型式冷蔵庫型式その1
赤丸で囲んでいるのが【型式】です。青丸が【製造年】です。
こちらのラベルは冷蔵庫の冷蔵室のドア【一番大きなドア】を開けた、内側にあります。
まずは、こちらの3点【メーカー】【型式】【製造年】をお伝えください。
おおよその査定額がわかります。

高価買取が期待できる冷蔵庫の順番は
1.新品または未使用品
2.高年式・高性能
3.ファミリータイプ
4.一人暮らし用
となります。

冷蔵庫ひとくくりにすると目安の買取対象年数は5年以内となりますが、主な国産メーカー(東芝・日立・三菱電機・パナソニック・シャープ・サンヨー・無印良品など)は【3ドア以上なら7〜10年以内くらい】 その他メーカー(GE・LGエレクトロニクス・アビテラックス・エレクトロラックス・ハイアール・モリタなど)でも容量の大きな冷蔵庫であれば5年以上前でも買取対象の商品も多数あります。
業務用冷蔵庫(三ツ星貿易 ホシザキ 大和冷機 ダイワなど)も同様です。
冷蔵庫については【故障品=冷えないもの】は買取対象外となります。

その他のポイントは冷蔵庫の状態。こちらは冷蔵庫現物を確認させて頂きます。
冷蔵庫内
上記の状態ではマイナス査定となります。出来る範囲での清掃をお願いいたします。
査定時の確認事項は【庫内の汚れ・ニオイ】や【ドアパッキンの汚れ】【棚板などのキズ・破損】や【パーツの欠品】です。

また、大型の重量物となりますので出張買取ご希望の際には
エレベーターの有無・トラックの停車スペースの有無など作業状況も予めお伝え頂けると幸いでございますm(__)m

買取実績も是非ご覧ください。
もしご用命の場合は買取貴族0120-905-729までお電話下さい。相談だけでも結構です。



どうも、こんにちは買取貴族スタッフの藤原です。

今日は某有名ファーストフード店にて厨房機器の買取をさせて頂きました。
お店を移転するとのことで、一式厨房機器を新しくするらしく全ての機器の買取を依頼されました。
厨房機器で一番気になる点が、ズバリ油などの汚れ具合です!
日々の業務のなかで、もちろん清掃などはされているとは思いますが1カ月に1度でも定期的に磨きにくい側面や細かい箇所など、清掃されている機器とされていない物だと査定額が全然違ってきてしまいます。
というのも我々が厨房機器を引取させて頂いて、販売するにあたっては綺麗な状態に復元しなければならずがんこな油汚れなどを綺麗にクリーニングする訳です。。
その際に汚れがひどく、クリーニングに時間がかかってしまうと人件費がかさんでしまう為、必然的に査定額が下がってしまいます。
例えば1万円で販売ができる商品をアルバイトの人に3時間かけて磨いてもらうと、ほぼ利益はありません。。。
もちろんクリーニングに時間がかからない様に、業務用の強力な溶剤を使うなどいろいろと工夫はしておりますが、長年の使用でこびりついてしまった汚れはなかなか落ちる訳ではないのでどうしても時間はかかってしまいます。

次に気になる点が搬出の状況です!
厨房機器になるとかなりの重量物になる物が多く、サイズも大きいためそのままの状態で搬出ができない場合が多いんです。
例えばこれ↓

業務用冷蔵庫

この業務用冷蔵庫は全幅180cm、高さ200cm、重量が190kgくらいの冷蔵庫です。
この冷蔵庫を搬出する際に問題があったのが、冷蔵庫を搬入されてから設置したカウンターが邪魔で搬出ができないということでした。
これ以外の物は全て搬出する事は可能でしたが、業務用冷蔵庫はカウンターを撤去してからでないと搬出出来ない為、解体業者に依頼をしてカウンターを撤去をしてもらいました。
カウンターの問題は無事クリアできたのですが、入口の部分の高さがギリギリで台車が使えないという問題が発生したため、全ての扉を外し少し重量を軽くして、入口部分のみ人力で持ち上げて搬出致しました(汗)
このように厨房機器は搬入してからカウンターなどを設置するケースがあり、普通に搬出できないケースがあります。
この場合も査定額は下がってしまいますので予めご注意ください。

ただ定期的に清掃をしていて、搬出も容易であれば厨房機器は人気がありますので必ず高額査定をさせて頂きます!
もし移転や廃業などで製氷機や食洗機などの厨房機器の売却をお考えでしたら、現地査定も無料でおこなっておりますのでお気軽に0120-905-729までご連絡下さい!
ではまた。。

関東地方に春一番。
夜中からの雨風凄かったですね。雨が叩きつける音で目が覚めました(-_-;)
営業スタッフたちも合羽を着てトラックに乗り込んで出発いたしました。

さて本日は、中古市場において非常に人気のある液晶テレビについてお話させて頂きたいと思います。
日本では2003年から地上デジタル放送が開始し、『液晶テレビ』と『プラズマテレビ』が普及していきました。
現在では国内外の多くのメーカーさんが発売していて競争が激しくなっています。省エネ・高画質・高性能などなど、各メーカーさん毎にセールスポイントも異なります。

液晶・プラズマテレビの買取基準として【製造から3〜4年以内の物】【国内メーカーのみ】というところが多いみたいですね。
弊社にも『他社さんで7年前のテレビと伝えただけで断られた』とご連絡いただいたこともあります。
○年前のテレビ、○インチだけでは判断できません。各メーカーさんが競っているように同じサイズのテレビでも搭載機能が違います。

そこで、買取をご検討中の皆々様!
是非、事前にご確認いただきたいことをお伝えいたします。
まずは商品を特定させるために必要な【メーカー】【型式】。メーカーによっては【形名】【機種名】【品番】など表記は異なりますが、こちら
katasiki
液晶・プラズマテレビの背面。だいたい中央あたりにラベルがあります。赤丸の中、アルファベットと数字の羅列です。
ちなみにー(ハイフン)後の数字2ケタがインチ数になります。東芝さんは頭の数字2ケタです。
インチだけではわかりません。正直見当もつきません。
こちらが一番重要です。商品が特定できます。中古市場において、どれくらい需要があって、どれくらいの金額で取引されるのかがだいたいわかります。

あとは【製造年】
seizounen
【型式】など記載のあるラベルと同じく背面か左右側面に記載があります。
当然ですが、何年に製造された商品なのかわかります。

上記3点は必ずお伝え頂きたい内容です。

【国内メーカーの製品であれば7〜8年以内くらい】
【国内メーカーでも10年くらい経過してると32インチ以上】
【不具合があっても高年式や国内メーカーの大きいサイズ】

が買取対象の目安となります。目安です。

その他付属品【リモコン・電源コード(外れる機種あります)・説明書・保証書・箱】の有無。
外観のキズや汚れ・破損・欠品など商品の状態。も大事な査定ポイントとなります。

わかる範囲でも構いませんが、出来るだけ詳細をお伝えください。高価買取の秘訣です。
買取実績も是非ご覧ください。
相談だけでも結構です。買取貴族0120-905-729までお電話下さい。
ではではm(__)m

どうもこんにちは!買取貴族スタッフの藤原です。
今日は先日買取をおこなわせて頂いた商品のなかで、かなり高額な買取になった商品をご紹介いたします。

それは中国の掛け軸骨董品です。
今回買取させて頂いた一部の掛け軸がこれ!

画像

画像

今回はお客様よりご両親の遺品を整理していたら、お父様が趣味で収集していた骨董品がいくつか出てきたとのことでご依頼を頂きました。
実際にお伺いをさせて頂きますと、30〜40年前にお父様は中国に単身赴任をしていたそうでその時代に掛け軸など買い集めていたそうです。その当時の通貨価値はわかりませんが、当時の中国では著名の作品でもかなり安い金額で購入できたようでした。
購入された骨董品は日本に持ち帰り、いくつか売却されたそうですがその中で残されていた物が今回のご依頼品でした。
日本の骨董品は市場が小さく、よっぽどの著名な作者でなければ高値で取引されることはないのですが、中国の骨董品は5年程前から中国の景気が上向いたことで、国外に流れてしまった中国の骨董品を富裕層の中国人が金額に糸目をつけず買い戻すことで市場がどんどん大きくなってきました。
今現在では一時期の熱狂的なバブルの感じはなくなりましたが、国内の市場に比べればはるかに市場の規模が違うため未だにびっくりするような金額で骨董品が取引されています。
ただ中国の掛け軸などは表紙の素材が悪い物が多く、日本の表紙に比べて劣化が早い為、見た目はかなりぼろぼろになってしまいます。
その為、掛け軸の価値がわからない人は捨ててしまうことが多く、日本に現存する中国の骨董品は少なくなっているとも言われています。
たしかに今回買取をさせて頂いた掛け軸もこんな感じでした↓

画像

日本の物に比べて作りが雑というか、一言で言うとちゃちい感じですね。
でもこのような感じの掛け軸を見つけたらラッキーです!中国の掛け軸の可能性が高いんです!
日本の物は留め具もしっかり作り込まれているのですが、中国の物は針金などで留められていることが多いと言われています。
今回の買取は点数が多く3ケタを超えましたが、今回の画像の掛け軸は買取5万円です。
そして買取させて頂いた商品は、弊社で提携させていただいているところに中国でおこなわれるオークション会場へ出品してもらいました。
落札された金額は秘密ですが、予想を上回りすごかったです!もちろん予想よりも落札金額が下がってしまうこともザラなので少しギャンブルに近い感じですね。
30年程前に中国本土で安く骨董品を仕入れた人は、最近の中国の骨董品バブルによって一財産をつくったというお話もよく聞きます。
このように物によっては一財産がつくれてしまうかもしれないので、もしこのようにボロボロでも掛け軸、骨董品がでてきましたら捨てずにまずは鑑定することをお勧め致します。身内で以前に中国に出張や単身赴任で努めていた方などがいたら要チェックです!
今は中国の景気が下がってきているので、落札価格が下がってきてしまうかもしれません。
もしご用命の場合は買取貴族0120-905-729までお電話下さい。相談だけでも結構です。
ではまた。。

PageTop

査定する